人気の場所に快適な生活を望むなら不動産物件選びが重要

住宅ローン滞納とその対策

ウーマン

有利に売却するための手順

福岡市は九州地方最大の都市として150万人を超える人口を抱えているだけに、市内では住宅街も発達しています。人口の密集した中心部には多くのマンションが建ち並ぶ他、郊外を中心に一戸建て住宅も多く見られます。福岡市の持ち家率は全国平均と比較して決して高い数字と言えませんが、住宅ローンを利用して分譲マンションや戸建て住宅を購入する人も少なくありません。ローンが滞納するとせっかく購入した家に住み続けるのが困難となるため、福岡市民の間でも対策に頭を悩ませている人が増えています。住宅ローンを払い続けるのが難しくなった場合は、できるだけ早い段階で任意売却の手続きを開始するのが対応策として最も有利な方法です。住宅が市価より大幅に安い価格で競売にかけられてしまうと、さまざまな面で不利な立場に立たされてしまいます。競売の手続きが開始される前に売買契約を成立させるには、任意売却専門の不動産業者を利用することが不可欠です。任意売却業者に相談を持ちかけると、業者の側では専任媒介契約の締結後にまず住宅物件を査定して評価額を決定します。任意売却の手続きを進める上では債権者との交渉も欠かせませんが、担保権者への各配分金額了承など専門知識を要する交渉もすべて業者が代行してくれるものです。同時に任意売却物件は通常の不動産物件と同様に販売活動が行われ、購入希望者を募集します。販売価格が適切であれば売買契約が成立し、最終的に物件引き渡しの形で任意売却のゴールを迎えるのです。このような任意売却の手続きを進めるに当たっては債権者と購入希望者双方との交渉術が求められますが、専門業者に相談せず自力で問題を解決していくのは困難です。福岡市内にも任意売却を専門とする不動産業者は多く存在し、さまざまな交渉を成功させてきました。住宅が競売にかけられた場合と比較しても、任意売却に成功すれば売却後の生活に明るい見通しが立つものです。